あらゆる根源を感じるということ

2021年4月24日

声のブログはこちらです

 

 

心が浮いているような

そんな感覚があるときは

そっと目を閉じ

自分の内で心の目を開き

そっと、自分の根源への旅をする。

 

私が今、ここにいるということ。

その真実に感謝を送りながら

 

この今へ繋がるあらゆる水路を辿り

やがて

生命の種から根が出た最初の時へと

旅をする。

 

私たちは、日々、目に見えるもの、視界から入ってくる情報で80%以上の判断をしているという。

 

でも、これからは、その”視界”というものに

”心の目”も加える時なのだと思う。

 

心、感情、自然界に満ちるエネルギー、目の前の方の思いやり、周りの方々へ発せられた優しさ、

愛、風が運ぶあらゆる情報、樹々がそのあり方で伝えること、星々の輝きから届く愛、

言葉の背後にある凝縮された真実の響き、

そのエッセンシャル的な大切なことたちは

心の目を開くときに初めて私たちの中へと響いてくる。

 

貴方は貴方のままでいい。

この言葉の”貴方”という部分が、貴方のどこを示しているかを、思い出そう。

 

静かに目を閉じ

心の静寂の中でそっと開かれる、内なる瞳は

曇りなき真実を感じさせてくれる本当の目。

 

あらゆる感覚を研ぎ澄ませ

静かに感じていると

普段、慌ただしい日常の中では感じられない

喜びに溢れた賑やかしいエネルギーを感じることができる。

 

まるで、雄大な自然の中に静かに身を置いたときのように。

 

私が私であることは、自分の根源からの流れを

いつも感じていられるということ。

 

それは、

遺伝子で繋がる流れでもあり

魂のルーツの流れでもあり

貴方に繋がるあらゆる存在の流れでもあり

大きな宇宙の愛の流れでもある。

 

たとえ、今、このときに心の目が感じられなくても

心静かに、御自身の根源について感じてみようとすることで

きっと貴方のうちには、この人生において貴方が貴方らしく生きるためのあらゆる豊かさが備わっていることに気づけるだろう。

 

背筋を伸ばし

ゆっくりと目を閉じ

御自身の生み出す呼吸のサイクルを感じながら

静かに内へと意識を向ける。

 

そのとき感じることを

大切な宝物として受け取り、

次の一歩を踏み出そう。

 

声のブログはこちらです

 

 

Leave a Reply:

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です