ご報告

2022年6月26日

皆様、 いつも藍色の樹を訪れてくださり 誠にありがとうございます。   2022年、6月末をもちまして 海外引っ越しの為、一度日本での藍色の樹としての活動をお休みさせていただきます。   今後も引き続き、ブログや、何かの形でこちらのホームページや発信は続けてまいりますが 講座、セッション、ハーブティー調合に関しましてはしばらくの間お休みさせていただきます。   いつも私は小さな頃から 数年に一度、”いかなくては…

ハーブティーワークショップ開催のお知らせです。 お陰様で満席となりました。 ありがとうございます。 創業120余年 時を超え 心を潤し続ける そんなやきものを作り続ける 佐賀 有田の 深川製磁。 そのコンセプトショップでもある FUKAGAWA-SEIJI The House 六本木 さまにて ハーブティーのワークショップを開催させていただくことになりました。 『心の潤いを日々の営みへ』 〜 器と心とハーブを感じる 〜 丁寧に 内に意識を向…

通り道を

2022年3月17日

今日 外を歩いていて 感じたことがあります。 明日からのお彼岸の期間は まるで今までのことが一気に過去となり、ストーリーが終わり本棚に本を戻して 新たに本を選ぶ期間のような ゼロの地点を体験するように日々を過ごすことになりそうだと。 だからこそ いつも以上に 丁寧に自分の中心に意識をすとんと置いておくことが とても大切なのだと、感じました。 また先程は こんなメッセージを感じました。 世界が揺れているという状態は 固まっていたところに、隙間…

〜光の7日間〜 3/17から3/23まで 春分の日を中日(中日)として 前後3日間、合計7日間は彼岸の1週間。 彼岸は、 太陽の光が赤道上から地球に向けてまっすぐあたる特別な期間。 そして ご先祖さまとの繋がりが深くなるタイミングでもあり、 私自身、感謝が自然と湧き出はじめています。 ご先祖さまへの感謝とは 言葉でありがとう、だけではないと思っていて 今、この瞬間に精一杯生きること それ自体が 感謝の行為にもなると そう、思っています。 1…

お月さまがとっても綺麗で。 今夜はくっきりと周りに光の輪がみえるほどに 輝いていた。 その光の輪が ほんのりピンクで ふわっと風がふいてきたときに あぁ、 今は特にハートに意識をおいて そこを柔らかに 正直にあるとよいときなのだと まるで囁き教えてもらったように 突然腑に落ちた。 こういう時は そのお月さまとピンクの光の輪の感覚をしっかりと覚えておいて 自分の周りに柔らかなピンクの光の輪がおりてくるのをイメージするとよいそう。 そのひかりに…

響きと言の葉の結ひ   〜 ” 私 ” の響きと言葉を一致させるために 〜   言葉、に関して皆様はどのような感覚をお持ちでしょうか?   言葉を紡ぐのが苦手 言葉で表現することに抵抗がある 感覚派で、こんな感じ、という感覚があるのに伝わらなくてもどかしい 誰かの言葉で傷ついた・あるいは自分の言葉で誰かを傷つけた悲しみがある 人に伝わる文章を書けるようになりたい   そんな思い…

こんなに色々なことがリンクする体験ははじめてです。 腑に落ちるということが分からないと初めに伝えていたはずなのに・・ 愛さんの言葉一つひとつが染み入り、不思議な感覚でした。 こんなに色々なことがリンクする体験ははじめてです。 ライフツリーカードはもちろん、カードセッションを通じて、愛さんが伝えること全てを吸収したいと1秒1秒大切で愛おしい時間でした。 その人その人のエッセンスがあると思いますが、 愛さんから教わった大きな愛を私なりに言葉に変…

静けさの中の対話

2022年2月23日

天空から流れる光の滝のように すぅっと調う感覚   研ぎ澄まされた感性は その感覚の中で 大きな自然の流れに浮遊する意識と その全てで対話する   それは すぐに頭でわかるものではないが その内的な静けさに満ちるひと時を 大切に日々の暮らしの中で生み出すことは その対話の その愛にあふれる響きあいのための時空間を 自らに提供すること   それは 魂の存在として自らをとらえ、ただその存在同士の関わりの中で精一杯生…

2月1日、明日は和暦で元旦にあたる日ですね。   今は、沢山の”暦”が立ち現れていて その様子を感じると まるで幾つもの時の環が時空間を超えて今、この時に集結しているように漂っているように感じます。   そんな時代を生きる私たちは 自分の生きるリズムの一つとして どの時の環を選んでもいい。 別にひとつと決めなくてもいい。   御自身の魂の願いに 御自身のど真ん中の響きにしっくりとくるリズムを 貴方の命の鼓動を心…

今日の空は あまりにも優美な、壮大な響きに満ちていて   時に このような壮大な響きに 圧倒されそうになる時がある。   だけれども 人の内的な世界も 実はこのような壮大な響きに満ちていて   その壮大な響きを自ら認識することが 真の謙虚さだったりもする。   自然界、宇宙、地球など 壮大な響きの呼びかけに心を開くことは 究極的に現実的なことでもある。   それは、直接的に日々の在り方に、言…