『 創造性は生命力 』

2020年4月23日

このところ
毎日のようにハーブティーを調合していて
ふと思ったことがある。

『 創造性は生命力 』

誰もが持つその創造性の力は
人がその人らしく生きていく上で欠かせないもの。

 

 

 

小さい頃、もう周りの声も聞こえないほど夢中になって創り上げたものを
誰かに笑われたり、否定されたりした経験。

絵を描くことも
音楽を奏でることも
そんなことが一体なんの役に立つの?という周りの声。

 

例えばこういう声が実際にあったとしても
頭の中で反芻し続け
自分を傷つけ続けていたのは
自分自身だということに
潔く気づき認める時
癒しが起こり
そっとその奥にある本当の声が聴こえて来る。

それは生命力のささやきであり
創造性が閉ざされた殻をピシピシと破り湧き上がる音。

 

その力はとてつもなく大きい。

死なないのが生きていることではなくて
生きている感覚を味わい、その生命力を毎日輝かせていることが、本当に生きているということだよね。

 

 

創造性は
誰に見せるものでもなくても
プロのアーティストやミュージシャンでなくても
貴方がその創造を楽しみ
日々生き生きしていることで
貴方の在り方に波動となり浸透し
やがて貴方の考え方になり
貴方の見え方になり
貴方の聴こえ方となり
結局は周りに響き届いている。

そうして内から湧き上がる生命の響きを感じ
創造するということは
貴方の在り方を変えることにしっかりと繋がっているもの。

 

だから、とてもとても大切なこと。

 

今は、多くの方が限られた場所で、限られた人と日々を共にする、そんな日々だからこそ
創造性を発揮できるとてもよい機会だと思うし、
そう取り組んでいる方々の発信に会うと
特大の笑顔になる。

 

誰に見せなくったって
自分がみて感じている。

 

それがとても大切。

 

それをしていて思わず自分が嬉しくなって微笑んじゃうようなことや
子供達の為に工夫して作るものとか
何も聴こえなくなるほど何かに没頭する時間や
そんなことを
全神経を研ぎ澄ませてやっていると
身体中がビリビリとするようにエネルギーが満ちてきて
自分だけでない大きなエネルギーの流れを感じることができる。

 

 

『変わることなく変わり続ける』

 

20代の頃に何かの広告で見かけて
雷が落ちるように響いた言葉。

変わり続けるということは
流れを滞らせず流れと共にあるということであり、
その流れというのは
こういう創造性を発揮している時に感じる大きなエネルギーの流れのことのように思います。

今日もきっと
沢山のご家庭で、泣き止まない小さなお子さまの為に、一生懸命工夫しながら創造性を駆使して頑張っているお母さんたちや

予定していた仕事が出来なくなり、一生懸命考えてそんな中でできることを、届けられることを生み出して人を笑顔にしている方々。。。

沢山たくさんいらっしゃって。

御自身の創造性を知らずしらずの内にも信じて前に進んでいる方々、本当に素敵だなと、FBなどでお見かけする度に感動しています。

今日も長くなりましたが
最後まで読んでくださりありがとうございました。

いっぱいの愛を込めて。。。

 

 

 

 

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です