過去生も、今も、未来の生も、そのどこでもないところでも

2020年12月9日

さて。

 

このお話を記すのは勇気がいるけど

もしかしたら、今同じように感じている方がいるかもしれないから

思い切って書いてみるね。

 

数年前のこと、

空を感じつつお米をといでいるとき

突然、沢山の私の中に沢山の魂の記憶があるのをふっと感じて

びっくりして

涙があふれた時がありました。

 

その時ね、

あぁ、私たちは、

自分の魂の霊性のラインと

ご先祖様から脈々と繋がる家系のラインとが

重なり合って今、ここにいるのだなとふっと感じたら

あったかくて愛に溢れてて

涙があふれてきたの。

 

その日から、小さな頃から時折感じていた意味不明な孤独感を感じることはなくなりました。

 

そこから、時折過去生だったり、自分が地球に生まれる前のルーツのところのイメージだったりを

ふっと思い出す瞬間があって

最初は、空想なのか、なんなのかよくわからなかったけれど

でも、感覚を信じて感じてみた時

私にとってそれは大切なことだということだけははっきりして。

 

そこから、何か浮上する時というのは

大切なことを伝えて思い出させてくれるタイミングとして

丁寧に向き合うようにしてきました。

 

そうするとね、

過去生のどんなに辛く苦しい出来事も

よく、ブロックがあるっていう言い方をされるのを目にするけれど

そうじゃなくて

それが浮上した時に、しっかり感じてその中の光の種を闇の中から掬い今の世に生かしていく時なんだって

気がついたの。

その瞬間からの、時空を超えた贈り物だよね。

(私の講座を受けてくださった方は、矢印の図を思い出してね)

 

心の闇の昇華というのは

深ければ深いほど、いくつもの生にわたって徐々に徐々に行われたり

浅くて新しいほど、短時間でできたりするものだっていうのも経験でわかってきた。

 

今ね、時代が大きく変わると言われているけれど

本当にその通りだなというのを

日々出会う自然界を通しても感じていて、

例えば、2、3月に一斉にマスクをし出したときの自然の様子やその後の太陽の光の違い、

太陽の光が落ち着いた頃の植物たちの様子が変わったこと。
(この辺りは、ここで書くと話すと長くなるから割愛するね。)

 

今、年末大掃除のように次から次へと大きな浄化と癒しが起こっています。

 

こうやって、魂の存在というのはクリアに輝きを増していくのだなと、

昇華が起きるたびに軽やかになっていくのを感じながら

苦しかったあの時を生きてくれた自分の魂と

そこに関わってくださった沢山の魂へ感謝の日々です。

 

だって、今は記憶と感覚の中だけで昇華の為に再体験だけど

当時はそれが日々の現実だったわけですものね。

辛かったよね。

その生を生きると決めて生まれた貴方は、なんて勇気があるんだろう。

それがなかったら今その闇に内包された光を私が受け取ることもないわけだものね。。。

だから、ありがとう。って感謝と今の私だから送れる温かな愛を送りたい。

 

もちろん苦しかっただけじゃなくて

最高にお気に入りの生の感覚も、ご褒美のように、ギフトのように思い出したり。

最高に軽やかで楽しそうな未来もあったり。

 

だから、闇も光も愛おしいね。

 

このような経験されている方、今きっといっぱいいるよね。

 

でも、大丈夫。

自分を信じて進もうね。

 

どんな時も、”今”というこの瞬間にしっかりと生きながら

時空を超えたあらゆるところからの感覚を今

大切に集めて

しっかりと自分のものとして

どんどん自分を思い出しながら

それを喜びとして表現し、

共に生きていこうね(^ー^)

 

いつもありがとう。

 

心からの感謝と愛を込めて。。。

 

 

Leave a Reply:

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です