託された伝言

2021年12月13日

大自然のイアイ(伝言)は

託された

 

一人一人の内的な世界へと

 

数千年も前に

人々と自然が争い支配の道が始まった

 

人々は、思考を発達させ

その科学の力と共に

自然界を支配しようと、その道をあゆみつづけた

 

圧倒的に支配できないものを

それでもなお力づくで支配しようとするとき

本来起こるはずの反転は起こらず

ただただその傷を深めているだけ

 

それは、自然界を破壊しているようでいて

実のところ、内的に存在する自らの自然界を破壊していることに他ならないと

そろそろ、目を覚ます時が来ているのではないか

 

ただそこに存在するものを支配できないのとおなじく

貴方のうちに存在する自然界を支配することはできないと

気づく時が来ているのではないか

 

人という一生を持つ存在の中では

長い長い歴史の中で

自らの内なる自然界を育み、大切にその領域を広げてきたものたちが

今ついにその光を外へとむけ

太陽の光と魂の光を結ぶ時が来ています。

 

心の奥底に眠る

きらりと光る貴方の自然界の種を

一瞬でも見つけることができたならば

大切に両の手に掬い

今こそ育もう。

 

科学の力も

思考の力も

そのベースに自然界の伝言があることで

地球にとってかけがえのない

美しいものとなるのだから。

 

藍色の樹

 

Leave a Reply:

メールアドレスが公開されることはありません。