親として

2018年11月21日

お子様を育てる中で大切なのは
多くを押し付けず
その存在で導くことです。

貴方がこのようになってほしい思われるその姿は
あくまでも貴方の求めるものです。

ですから
お子様に押し付けるのではなく

まずご自身が
努力して
そうあろうとすること

その姿を精一杯生きている親の姿をみて
自然と
必要ならば
必要な時に
お子様方の意思で学ぶことができるのです。

そのような学びを強制することはできないのです。

優しさを身につけてほしいならば
本当の優しさを

よい言葉を話して欲しければ
ご自身が良い言葉を

モチベーションを高く持ってほしいなら
そのお姿を

ご自身が
ただ
黙って見せ続けることです。

そして、目の前で見ている
彼女/彼が全てだと思わないようになさってください。

貴方が知らないところで
貴方のその在り方を真似ようとしている瞬間があるかもしれません。

貴方が知らないところで
既に美しく純粋な心を
優しさという形にして発揮しているかもしれません。

貴方が知らないところで
人の役にたちたいと
歯をくいしばっている瞬間があるかもしれません。

貴方の知らないところで
その純粋な状態で
既に多くのことを学んでいるのです。

それを
感じてあげてください。

目の前に見えていることだけで
貴方の目に認識されて映ることだけで
判断なさらないことです。

大丈夫です。

人はそれぞれ
そのお方の進むべき方へ

寄り道をしながらでも
一つ一つ学びながら
進んで行けるものです。

ですから
その強さと輝きを信じて

貴方は
御自身の強さと輝きを精一杯輝かせていられるように

そのように日々をお過ごしになってください。

お子様方が必要とした時に
しっかりと向き合い
その悩みの奥にある光を共に見つけることができるように
御自身を整えていてください。

瞳に愛を込めて

その眼差しに
愛を込めて

全身で
聴き

全身で
語ってください。

大切な貴方へ。
心からの愛を込めて。。。

ありがとうございます🍃✨

Leave a Reply:

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です