食する

2018年11月20日

”食する”とは
命を繋ぐことです。

ですから、
そこには常にその命を繋いでくださるものたちに対する
敬意がなくてはなりません。

その場に集う方々のご様子、気候、今ある食材。

それら全てを
丁寧に扱うことです。

そして
まず、場を整えること。

使うお道具、空間はあなたそのものを表します。

ですから、どのような細かいことも
決して疎かにせず丁寧に心を込めて扱ってください。

人は、食を、命の恵みをいただく時、
感謝を忘れてはいけません。

どのように食すかということも
大変 大事な姿勢となります。

その目の前の食べ物たちは、
あなたの命を繋いでくださる大切なものですから、
敬意を持っていただいてください。

それが、自然界の一部である自覚をも生み出します。

その自覚はすべてのあり方の礎になる大切なものです。

食を生み出すということは、
”道”を創り出すということでもあります。

貴方の生きる命の道であり、
召し上がる方々の
命の道を創るということでもあります。

どのような食材を扱われている時でも
そのことを胸にしっかりと刻みましょう。

その一食に
集中と祈りと心を込めるなら

その一食は、
外の世界で疲弊したもの
深い悲しみを背負ったもの
孤独に苦しむものの
心と体を

ある大きく静かで温かな 気 で、整えてくださることでしょう。

あなたのあり方が
お米の一粒一粒にも
響き渡りますから、

食を創り出していない時であっても
御自身のあり方を
常に振り返るようになさってください。

ありがとうございます🙏✨

Leave a Reply:

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です